FC2ブログ

脱穀

稲刈りから10日が経った。
しかし、晴天が長続きせず、3日以上続かない。
稲穂は乾いているようで、二日晴天だったので思い切って脱穀した。

PA250111d1.jpg

今年は田植え直後の大雨で、ジャンボタニシが泳ぎ回り植えたばかりの苗をだいぶ食われてしまい、1か月遅れで植え継ぎした部分が2割ほどあった。
それにタイミングを失して除草剤を散布できなかった。
稲刈りし稲架掛けしたときその長さが例年よりも短かったことで収量が少ないことは想像していた。
実際脱穀してみると、昨年は24俵穫れたが、今年は18俵しか穫れなかった。

PA260117d2.jpg

ちょうどジャンボタニシ被害面積と同じ2割減である。
タニシ被害がそのまま影響したわけではないが、天候や肥料、雑草など条件が悪かったのだろう。
まあ、とにかく今年の米作りが終わってほっとした。


スポンサーサイト



スズメバチ

庭にスズメバチ?が飛んでいるようだ。
と、思っていたが、ハチの巣がどこかにあるのかは分からないままだった。
夕方、庭木の剪定をしようと脚立を出して庭のマガタマの枝を切ったところ、
右手甲に、それは焼け針で刺したような熱く激しい痛みを感じた。
すぐに蜂に刺されたと判って振り払おうとするが、執拗に手甲から離れないように感じた。
脚立から落ちるように降りてしゃがみこんで、そっと離れて手袋を脱ぎ刺された箇所を近くの水道水で洗った。
手は見る見るうちに腫れ上がりずきずき痛みなかなか鎮まらない。

PA200068h1.jpg

庭木の茂みを目を凝らしてみると、マガタマの隣のツバキのなかにラグビーボールの形をしたスズメバチの巣があるではないか。

PA200069h2.jpg

蜂の大群に襲われなかったからまだよかった。
翌日曜日に近くの当番医に診てもらおう。

ネットで調べてスズメバチ捕獲用のハチトラップをペットボトルで作って巣の近くに4個つるしておいた。

PA240109b2.jpg

名付けて「ハチャトリ庵」(ハチャトリアンは♪剣の舞の作曲者)だ。
たくさん捕獲しておくれ!

PA240108b1.jpg

稲刈り

8月26日に出穂を迎えてから積算気温が4日で1000度を超え、昨日14日で1183度になっていた。

PA150025kari.jpg

本当はもう少し早く稲刈りをしたいところだったが、都合により今日になった。
午前中、稲刈り木のメンテナンスをして、稲が乾くのを待って昼からバインダーで刈り始めた。

PA150026k22.jpg

毎年のことだが、刈り始めは結束ミスが多い。
途中、結束紐を交換してしばらくもどうも調子が出ない。
ともあれ夕方までに1反2畝を刈り終った。

PA150035k11.jpg

稲架かけを明日することにして今日は引き上げた。

昨日刈った稲を稲(ハサ)掛けをした。
稲架を建てるのがまたひと苦労だ。
通りと高さを合わせて、稲をかけた時に倒れないように気を遣いながら建てていかなければならない。
稲架を建てながら稲を架けて落ち着かせる。

PA160042ka1.jpg

長い田んぼだから稲架も長くなり100mほどになって、まだ足りずに40mほどの稲架も隣に建てた。
夕方までに何とか刈った稲を架け終わった。

PA170057ka3.jpg


続きを読む

稲刈りまであと2週間

9月後半の田んぼの定点観測。

9月18日
DSCN8903ta1.jpg
植え継した手前部分が、まだ成熟していないようだ。

9月22日
DSCN8997ta2.jpg
台風17号が東シナ海を北上した後、植え継した部分が少し倒れた。

9月26日
DSCN9055ta4.jpg

彼岸花
DSCN9013ta2.jpg
田んぼの畦には真っ赤な彼岸花が咲いている。
プロフィール

主宰:薩摩 農

Author:主宰:薩摩 農
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
マイカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク