FC2ブログ

植え継ぎした苗は・・・

2週間前に植え継ぎした苗は自力で育ち始めたようだ。

DSCN9136ta1.jpg

植え立ての黄色い色が緑濃くなってきた。

DSCN9138ta2.jpg
スポンサーサイト



草山退治完了

牧草地状態だった畑、草を刈り、その草を焼き、管理機で耕した。
しつこい雑草を根絶やしにするため、二度以上耕した。
やっと畑らしくなった。

DSCN9107h1.jpg

さて、きれいになった畑に何を植えようかな?

草刈り三昧

今年は長雨のせいか、やけに草が伸び放題だ。
2週間前に刈った畑の草が牧草地状態になっている。

DSCN9068k1.jpg

草刈り機で刈った雑草だから、根は健全でまた伸びてくるのは植物生理だから仕方ない。
生えてこないようにするには根絶やし、つまり除根するしかないのだろう。
だが、そのための労力と時間はない。
農業はまさに雑草との戦いである。
この世に雑草のなかりせば、わが生業の実(げ)に楽しかるべし
とでも詠いたくなる。
今日も雑草に負けじと草刈りに励む。

DSCN9066k2.jpg

二度目の田植え

ジャンボタニシの食害で禿茶瓶の哀れな姿になった田んぼ・・・・。
幸い近くの田んぼの人から余り苗があるから、ということでもらってきた。
その人曰く、「たばこ農家は今田植えをしているから、これから植えても大丈夫だ。
早く植えなさい。」とのご託宣だったので、早速、植え継ぎに取り掛かった。
1日半で何とかハゲがなくなるまでになった。

DSCN9036t1.jpg

もらってきた苗箱は8箱だったが、1株本数を多く植えて4箱で足りた。
植え終わってみると植え継ぎした苗は黄色い幼苗で継はぎに見える。
先に植えた苗から約ひと月遅れだがどうだろうか?追いついてくれるだろうか?
憎きジャンボタニシは水を切っているのでわずかな水たまりに集まっている。
そこをめがけて秘密のキラー剤を撒いてやった。
しばらくは水を溜めないで幼苗を守ってやろう。

DSCN9041t2.jpg

鹿子百合が咲きだした!

庭に一株鹿子百合が植わっている。
亡き母が植えたものだ。
今年は梅雨明けが遅いせいか、花が咲くのが例年より遅いようだ。
昨日朝一輪咲いているのに気が付いた。
今朝3輪咲いていた。

DSCN9051y1.jpg

「母ちゃん、鹿子百合が咲いたよ!」とつぶやく。
クロアゲハは母の化身かもしれない。

DSCN9047y2.jpg

初夏の我が家の風物詩だ。

禿ちゃびん

半月振りに帰ってきて、真っ先に寄った所がわが田んぼである。
水加減が心配だったが、しっかり溜まっていた。
ところが、である。
水口に近い部分が広く空いているではないか。

DSCN9010h1.jpg

どうしたことだろうと思ったが、すぐに得心した。
ジャンボタニシの食害だ。

DSCN9013h2.jpg


1反歩ちょっとの田んぼの1~2割近くが食害に遭っている。
これほどひどくやられてのは初めてである。

DSCN9015h3.jpg


先月末、帰る際に水切れしてはと思って水口を少し開け、水尻は少し高くして帰ったのだが、
7月1日から3日までの鹿児島豪雨で滞水して、奴ら(ジャンボタニシ)が自由に徘徊できる環境だったのである。
まあ、地元にいないのだから仕方ないのだが・・・。
教訓として、田植え直後の梅雨が明けるまでは水は極力少なくしておくべし、ということか。
このまま禿茶瓶状態にしておけないだろう。
25日前に植えた稲に追いつくかどうかわからないが、植え継ぎしてみよう。
プロフィール

主宰:薩摩 農

Author:主宰:薩摩 農
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
マイカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク