FC2ブログ

梅がちらほら

DSCN8739A.jpg

昔の家の跡地に3年前に移植した梅の花がちらほら咲き出した。
年明けからしばらくは寒かったが10日過ぎから昼間は10度を超える日が続いている。
暖冬なのだろうか?
スポンサーサイト



和気神社の巨大絵馬

謹賀新年

CIMG4149wk3.jpg

巨大絵馬 右端の黒い上着の人と比較すると、その大きさが分かる。
横12.5メートル、縦8.3メートル、畳50畳ほどの大きさである。

2019年、平成最後の正月に霧島市牧園町にある和気(わけ)神社に初詣に行った。
神社名の通り、和気清麻呂を祀った神社である。

CIMG4137wk1.jpg

今から1200余年前の奈良時代、政敵・道鏡に追われた和気清麻呂が流されたのが大隅国(鹿児島県)、
この辺で過ごしていたと言われている。
この神社の狛犬は珍しいことに猪である。

CIMG4142wk4.jpg

道鏡と猪の謂れは狛猪の後ろにある石碑を書き写したのでご覧いただきたい。

和気清麻呂公と猪
 当神社にお祀りされている和気清麻呂公は、神護景雲三年(七六九年)皇位を奪おうとした僧弓削道鏡の悲望を宇佐八幡の御神託奏上することにより一挙にくじかれた。そのため清麻呂公は道鏡の恨みを受け、大隅国(今の鹿児島県)に追いやられることになった。
その途中、さきに御神託を復奏して万世一系の皇統の御安泰が得らたことを感謝申し上げるため、再び宇佐八幡に参詣しようと、豊前国(今の大分県)の海岸から陸路、神輿を進められた。すると、どこからともなく、約三百頭の猪が突然現れて、公の神輿の前後を守りながら八幡宮まで約十里の道を無事にご案内した(「日本後記」巻八による)。
 以来、猪は清麻呂公の随身、また神使として崇められ、この由緒により、当社では狛犬がわりに雌雄一対の霊猪を安置している。
ちなみに、明治三十二年の亥歳に発行された旧拾円紙幣には表面に清麻呂公の肖像と、裏面に猪を刷り込んであり、紙幣は「いのしし」と呼ばれて親しまれた。
このように、和気清麻呂公と猪は深い因縁がある。
   平成五年八月吉日 
                             和 気 神 社

猪にちなみのある和気神社には珍しい白い猪、「和気ちゃん」が飼われて人気者になっている。

CIMG4143wk2.jpg



プロフィール

主宰:薩摩 農

Author:主宰:薩摩 農
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
マイカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク