FC2ブログ

サツマイモ掘り

今年も紅はるかと安納芋を植えたが、試掘りをしてみた。
芋の付きはまあまあだが、サイズが小さいのが多いようだ。

DSCN8629imo1.jpg

まあ昨年よりもましな方かもしれない。
元肥が効かないのかと思い、春先に牛糞を少し入れたのだが・・・。
蔓ボケ?
それほど蔓は茂っていなかったようだが、年々小ぶりになっている。

DSCN8626imo2.jpg
スポンサーサイト



今年の稲作が終わった!

脱穀作業二日目。
残り1列の稲架の稲穀き作業を昼過ぎから始めた。
今日も快晴で日差しが暑いくらいだ。

DSCN8613koki3.jpg

稲は十分乾燥している。
稲架から稲束をはずしてハーベスターに噛ませる。
ドラムで籾が落とされる音がザーザーと聞こえて籾袋の中に積もっていく。
1袋、2袋、10袋、20袋、今年はもっとある。
脱穀が終わって数えてみると、なんと25袋もあった。
穫れ過ぎだ。
元肥がうまく効いたのかもしれない。

DSCN8621koki4.jpg

とりあえずコンテナに15袋を収めた。残り10袋は早いうちに契約者に届けることにしよう。
新たな販路を開拓しなくては・・・。

ともあれ、田植えをしてから4か月の稲作りが終わった。
田んぼよ、ご苦労さん、そしてありがとう!

DSCN8625koki5.jpg

脱穀初日

15日に稲刈りが済んでその後稲架掛けをして天日乾燥させた。
幸いに連日晴天に恵まれてカラカラに乾いた。
朝露が乾くのを待って11時にハーベスターを軽トラに積み込み田んぼに出かけ。
ハーベスターは一人でも稲穀きができるからありがたい。
ゆっくりマイペースでハーベスターの軽快なエンジン音を聞きながら稲を穀く。
例年午後からの半日で脱穀するが籾袋30kgを軽トラに積み込み家まで運んで
倉庫に収めると夕方遅くなってしまうので今年は翌日の天気もいいようなので明日半分穀くことにして初日を終えた。

DSCN8609koki2.jpg

今年の稲のできはいいようで、脱穀していても穂先の重たさが例年より重たく感じられ収量も多そうだ。
まあ、明日全部終わってからでないと結果はわからないが・・・。

稲架(はざ)掛け

台風24号で倒伏した稲刈りに時間をとられて、その日のうちに稲架(はざ)掛け作業まではできなかった。
翌日稲束が乾く午後から稲架掛けをした。
今年は通りと水平がきれいにと思って稲架を組んだつもりだったが、通りは割と直線を保てたが、水平方向は稲を掛けるとどうしても歪んでくる。

DSCN8569haza1.jpg

稲架を遠くから見るとラクダか大蛇のようだ。
まあ、100mもある稲架だから仕方がないかも。

DSCN8578haza2.jpg

近所のAさんの稲架は通りも直線で、頭は水平になって綺麗で見事だ。

DSCN8575haza3.jpg

夕方見に行ったら一部がヘタっていたので掛け直してきた。
今年は天候に恵まれて丸4日でカサカサに乾いてきた。
水分計は持っていないが、噛んでみるカリッと乾いた音がするから脱穀適期かも知れないが、
幸い天気がいいようなので、あと2,3日乾燥させることにしよう。

稲刈り

米作りで一番忙しくわくわくする時が来た。
午前中、稲刈り機(バインダー)その他を軽トラにつんで田んぼに出かけた。
まず四隅を手鎌で刈ってバインダーが方向転換しやすいようにした。
今朝は肌寒くおまけに霧が深く立ち込めていて稲はびっしょり露を含んでいた。
乾くのを待って10時ころからバインダーで刈り始めた。

DSCN8552kari1.jpg

しかし、結束紐をジュート(麻縄)にしているため、まだ稲が乾ききっていないせいか紐が切れて結束できない。
しっかり乾くのを待って午後から刈ることにした。
今年は台風22号でほとんど倒伏していてやはり刈り取り作業がはかどらない。
稲の根元が倒れて乾ききっていないせいか束ねる箇所に稲が詰まってしまい何度もエンストする。
そのたびに詰まった稲をはずしてはまた刈ることの繰り返しでずいぶん時間がかかった。
午後1時から刈り始めて、1反歩と少しの田んぼを刈り終わったのが午後5時過ぎになってしまった。

DSCN8563kari3.jpg

バインダーで刈っているそばを大きなコンバインを7連結したトラクターが何台も通って行った。

DSCN8557kari2.jpg

幸い天気がよかったので刈り取りを終えて翌日稲架掛けをすることにした。

台風24号の爪跡

鹿児島県の大隅地方をかすめて関西地方に大きな被害をもたらした台風24号の爪跡が当地にも残っていた。
帰省して田んぼを見たら稲の半分が傾き残り半分は倒伏していた。
バインダーでの稲刈りにはさほど支障はないだろう。

DSCN8516kaze2.jpg

畑に行ったら、亡き母が植えた梨の木が根元付近から折れて倒れ温室の骨組みもぺしゃんこになっていた。

DSCN8496kaze1.jpg

今日は倒れた梨の木を伐り骨組みを整えた。
また、家の菜園に植えて5年ほど経った八朔が根元から折れて倒れていた。
倒れた根元を見るとどうやら害虫に食われていたようでスカスカになっており倒れるのも道理だった。

DSCN8490kaze4.jpg

今年は実がたった2個しか生らずにおかしいなと思っていたが惜しいことをした。
県下の農業被害も結構多かったらしく、三田園知事が被災地をを視察していた。
明日、明後日はいよいよ稲刈りをする予定だが、もう台風はこりごりだ。
プロフィール

主宰:薩摩 農

Author:主宰:薩摩 農
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
マイカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク