FC2ブログ

犬養の滝

帰省の際、鹿児島空港に着陸する飛行機から見えた"滝”を見ようと出かけた。
その滝は空港に程近いところの霧島市の天降川の支流中津川にある。
滝は高さ36メートル、幅22メートルの純白の帯を垂らしたような流麗な滝である。

CIMG3601taki1.jpg

欝蒼とした渓谷の静寂な空気を震わせながら流れ落ちる滝飛沫を見ているとしばし現を忘れる。

CIMG3597taki2.jpg

かつて日本ではじめて霧島を新婚旅行で訪れた坂本龍馬とお龍も見物したとある。
すぐ近くには称徳天皇の怒りを買い流された和気清麿を祀った和気神社がある。

CIMG3598taki2.jpg

スポンサーサイト



1週間経って箱苗は・・・

5月25日に播種した箱苗をシルバーフィルムで覆っておいた。
そのフィルムを開けてみたら2~3cmに伸びた稲の苗が一面に生えそろっていた。

DSCN0025nae.jpg

もう少ししたらフィルムを外して寒冷紗に替え日に充てて丈夫な苗にしよう。
昨年は籾が古かったせいかまばらにしか芽が出なかったが今年はなんとかうまく育ちそうだ。

DSCN0029nae.jpg

サツマイモの苗を挿した

二日間雨が降ったので先日上げた畝もたっぷり水を含んだようだ。
芋床の伸びた蔓を切って30cm間隔で蔓を挿した。
今年も安納芋とべにはるかの2種類を植えることにした。
今日は程よい蔓を4列300本ほどを挿した。

DSCN0023imo.jpg

サツマイモ用畝作り

週末雨の予報だったので畝を作ることにした。
昨年と同じく10畝にした。
子供のころは父母が鍬で畝をあげていたものだが、今はトラクターに培土器を取り付ければ難儀なく畝ができる。
雨が降った後芋苗を植えることにする。

田んぼの1回目の耕起

やっと1回目の田起こしをした。
今年はレンゲソウがよく茂っていたので種が充実し来年も繁茂するようにするまで耕起を待っていた。
レンゲソウの葉も茎も枯れ種が黒くなったところを見計らい1回目の田起こしをした。
代掻きまでにもう1回できればいいと思っている。

箱苗作り

今年は昨年より1週間ほど早い箱苗作りになった。
19日の夜に水浸した籾が芽も根も出してきたので慌てて蒔くことにした。
箱苗は20箱の予定だ。
使ったのは、
籾が約3㎏
培養土(20kg)が3袋と半分
3時間あまりかけて20箱の箱苗つくりが終わった。
1ヶ月後にはこの苗たちを田んぼに移植するkとができるだろう。

わぉ~、大きくなったね!

DSCN5964tori.jpg

3週間ぶりに会うニワトリたち。
すっかり大人?びたニワトリになっている。
子供が成長するのを見るような気持ちである。
小屋に入っていくと興味津々についてくる。
プロフィール

主宰:薩摩 農

Author:主宰:薩摩 農
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
マイカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク