FC2ブログ

田植えから1ヶ月目の田んぼ

田植えから1カ月経った。
2日前に見たときよりも稲の葉が濃くなり分株も進んできている。

DSCN5414ab.jpg

この時期は目に見えて生育が盛んなようだ。

DSCN5418ab.jpg
スポンサーサイト



4週間目の田んぼ

今年も母が大好きだった鹿の子百合が咲いて帰りを待っていた。

DSCN5365aa.jpg

田植えをしてからちょうど4週間が経った。

DSCN5367aa.jpg

葉色も緑が濃くなり苗丈も25cmほどになり、分株も見られるようになってきている。

DSCN5379aa.jpg

このくらいになると、もうジャンボタニシには食われなくなって、彼等は雑草退治に役立つおりこうさんに変身してきた。
だが、まだ1カ月足らずの時期だと田植の早晩によって生育の差がどうしても出ている。
隣の田圃は同じ品種で1週間早く田植えをした。


10日目の田んぼ

梅雨明けを思わせるような夏空に入道雲がわいている。

DSCN5316sora.jpg
この地区の田圃も緑の線が面に変わりつつある。
田植えから10日目のわが田圃も心なしか緑が濃くなってきているようだ。

DSCN5328ao.jpg

苗箱のゆりかごから田んぼに移された稲苗が自分の力で大きくなりつつある。
あと10日もすれば葉が緑濃くなっていることだろう。

スイカの初収穫!

今年初めてスイカを収穫した。
5月に種をまいて育てたのは中玉種の「シュガームーン」という品種だ。

DSCN5245sui.jpg


実を結けてから40日ほどで収穫したスイカ三兄弟だ。

DSCN5323suika.jpg

1個が約3キロちょっとで普通のスイカの約半分の重さだ。
冷蔵庫で丸ごと冷やすのにちょうどいい大きさである。
切ってみると中が黄色の果肉である。

DSCN5347sui.jpg

昔子供のころはほとんどのスイカが黄色で赤色が珍しかったが今はほとんどが赤い。

さてお味の方は・・・
鹿児島は6月の晴れがわずか3日で平年の3倍約1500ミリの雨が降ったという。
そのせいか熟れてはいるが甘味が薄い。
やはり甘さには太陽が必要なようだ。
これから熟れるスイカは少しは甘くなることを期待しよう。

田植えから1週間経った田んぼ

何日ぶりだろう、雨の降らない一日だった。
田植をしてから1週間が経った。
移植した稲苗は田植の時とほとんど変化はないようだ。

DSCN5257ta.jpg

両隣の田圃は1週間から3日ほど早く田植えをしたところだが、初めのうちは成長がずいぶん違うものだ。
追いつくのは1ヶ月後ころだろうか?
田植直後の苗は柔らかく食べごろなのだろうか、今年もまたジャンボたにしが大量に発生している。
浅水にして水たまりに集めて薬剤を撒いたが確実に駆除するために捕獲作戦を試みた。
網ですくってバケツ一杯ほど獲った。

DSCN5254ta.jpg

あと1週間もすればタニシも苗を食わなくなるだろう。
その後は草取り名人になったくれると助かるのだが・・・。

トマトが熟れてきた!

菜園に植えてビニールの屋根をかけたトマト、大きな実をいくつか付けていたが一向に紅くならなかった。
今になってようやく色づき始め熟れてきた。

DSCN5208tomato.jpg

あっちにもこっちにも紅くトマトが熟れている。

DSCN5211tomato.jpg

今年初めてトマトらしいトマトがたくさんできた!

DSCN5250tomato.jpg
プロフィール

主宰:薩摩 農

Author:主宰:薩摩 農
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
マイカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク