FC2ブログ

クロガネモチの整枝

実家の庭に植わっているクロガネモチの枝が伸び放題だ。
5年ほど前に整枝したと思ったが・・・。

P3050026mae2.jpg

「クロガネモチ」という樹名からか庭木に植えられている家が多くあちこちで見かける。
秋から冬にかけては赤い実を枝いっぱいにつけ野鳥の格好のえさ場になっている。
今でもヒヨドリが羽を休めに群がってきーきーとけたたましい鳴き声を立てている。
4~5メートルの高さで末を止めようと、命綱をつけて木に登り手鋸を使って太さ15cmほどの幹を切った。
途中まで伐ったが芯は太くて伐ったとしても隣家の屋根を損傷しかねないのでひとまず中断した。

P3060034mae3.jpg

すぐ近くに民家があるので、枝に綱を巻き付けて一気に落ちないように慎重に伐り下ろした。

P3080057after1.jpg

我が家の二階から身っとしもよくなり、すっきりした。
国道からも家がよく見えるようになった。

P3100061after2.jpg

これでまた5年程度は伐らずに済むだろう。
スポンサーサイト



清見の移植

去年11月に家の菜園に植えたミカンの清見だったが、もっと良好な住環境を求めて日当たりがよく北風があまり当たらない穏やかな土地に引っ越すことにした。
6年前までかつて実家があった屋敷跡に移植することにして、大きめの穴を掘って肥料もたっぷり入れて迎え入れた。

P3080046kiyomi1.jpg

昨日雨が降ったので湿り気はあったが、きれいな水をたっぷり入れて根を下ろさせた。
家の敷地に植えた不知火(デコポン)は移植して5年で昨年実をつけたので、清美もそれくらいはかかるだろう。
ここは昔父母がいて兄妹の生活した実家があったが、だれが植えたか知らないがコブシの大木が今を盛りに白い花をつけている。

P3080042kobusi3.jpg

P3050015kobusi2.jpg

川向の我が田圃からも見えるが、我が家のシンボルツリーだったのだろう。

P3080054kobusi2.jpg

紫尾山

北薩の名峰、柴尾山。
我が家からは西方に望める。
国道504号をさつま町中心部から阿久根方面に向かう。
途中高速道路があるがそれに乗らずに旧道を進み堀切峠まで行くと紫尾山登山道路が見えてくる。

PC040069mt1.jpg

アンテナを建設するために国道504号の堀切峠から登山道が整備されており車で頂上まで登れる。
ここを右折して道なりに4キロほど進むとアンテナ群が見えてくる。
標高は1067m。

PC040071mt2.jpg

冬には山頂が雪に覆われる。
頂上付近にはブナの原生林が広がりここらでは珍しい。
山頂はアンテナラッシュである。

PC040070mt3.jpg

こちらはNHK。

PC040081mt6.jpg

こちらはMBC.

PC040080mt6.jpg

早朝には朝日に照らされて綺麗だ。
頂上からは、霧島連山、桜島、遠くは開聞岳、天草、さらには雲仙岳が望める。
この日は霧島連山、桜島、天草がかすんではいたが望めた。
霧島方面を望む。

PC040076mt4.jpg

桜島方面を望む。

PC040077mt5.jpg

若いころは初日の出を拝もうと3時間余りかけて大晦日に登っていた。
車で登ったの初めてだったが、やはり山は歩いて登ってこそ醍醐味が味わえるというものだろう。

北薩摩の農村原風景

さつま町から川内市の方へいつも通る国道267号ではなく農免道路道を通って出かけた。
東郷町辺りから阿久根方向へ進むと鳥丸、藤川を通り藤川天神まで行ってみた。

DSCN8476t1.jpg

ここは梅の名所で、学問の神様といわれる菅原道真公がお手植えされた一株が繁茂したと言われる約150本の梅の木があり、このうち50株の梅はその幹を地上に伏せ、その姿がまるで竜のように見えることから「臥竜梅(がりゅうばい)」と呼ばれている。

DSCN8475t2.jpg

藤川天神の祭神は菅原道真公で「菅原神社」とも呼ばれており、道真公が太宰府に左遷され、さらに逃れて藤川北野の地に隠退、没したと言い伝えられているそうだ。
天神の入り口には豆腐料理屋があり立ち寄ってみたがまだ営業前だった。

DSCN8466t6.jpg

天神まで来る途中に物産館がありその裏手には珍しい形式の螺旋式小型発電所があった。

DSCN8463t7.jpg

途中、田んぼの中に人だかりがしている地区があり立ち寄ってみると、道路沿いに農作業をする人や農耕馬がいた。それらはなんと案山子であった。

DSCN8451s3.jpg

なかには愛犬の“ツン”を連れた西郷さんもいた。

DSCN8450s2.jpg

そう、西郷さんの愛犬ツンはここ藤川の出だと言う。天神の境内にはツンの碑があった。

DSCN8470t5.jpg

どれもこれも微笑ましく昔の農作業を思い出させるような案山子たちだった。

一面広い田んぼには縦横には用水路に近くの田海川から引いた水が満々と流れており、畦には真っ赤な彼岸花が咲き乱れ、田の稲穂は頭を垂れており今年の豊作を思わせた。

DSCN8456s1.jpg
 
田の神様(たんかんさぁ)があちこちに見られる。

健康診断

今日は予約しておいた健康診断だった。
通常なら鹿児島市内まで出かけてヘルスサポートセンターで受検しなければならないのだが、
センターから巡回診断をしてくれるサービスがあって、当地で受検できることはありがたい。
9時に会場である文化センターに到着すると駐車場はすでに満杯でサブ駐車場に回った。
身長・体重、尿検査、血圧検査、血液採取、聴力検査など済ませると、
大型検診車が2台会場に横付けになっており、1台目の車では胸部レントゲン、心電図、

DSCN8396k2.jpg

もう一台の検診車では胃のレントゲン検査ができるようになっていて検診車に向かった。

DSCN8395k3.jpg


これら検診車での検査は病院でする検査となんら変わりがないものだった。
このような移動巡回健康診断は地方に住んでいる者にとって受検できることは本当にありがたい。
多くの人がこのサービスを利用し受検して未然に疾病を防ぐことを心がけたいものだ。
プロフィール

主宰:薩摩 農

Author:主宰:薩摩 農
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
マイカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク