FC2ブログ

2週間経った田んぼ

田植えから2週間が経った。
田植え直後の黄色がかったひ弱そうな苗だったが、しっかり立って緑になってきた。

長引く大雨で田の水管理が難しいが、溢れないように水口をほぼ前全開にしている。
そのため湛水することもなくジャンボタニシの害も少ないようだ。
昨年は水管理ができずにジャンボに2割ほど食われてしまった。

今年は九州南部は大雨続きで水害が多発している。
幸い当地では目立た被害は出ていないが、早く梅雨が上がってほしい。
スポンサーサイト



お田植え

米作りの大きなイベント、田植えをした。
晴天の予報だったので、涼しいうちに済まそうと田植え機を積み込んで7時に家を出た。
田の水も移植にちょうどいいくらいひたひたになっている。
歩行式2条植えの古典的田植え機ではあるが、趣味農業にはちょうどいい。
2条植えて折り返しで45cm程度開けて植える、もう、5年ほど続けている。
最近はやり?の状抜き(状間を広くとる)である。
縦方向が100m余り、横方向が10mほどの1反歩の田で、仏に植えると32条が植えられる。
1時間余りで植え終えたが、機械について田んぼの中を歩くのに息が切れる。
7往復半、27条を植えた。普通植えより5条少ない。
要した苗は8箱、2箱が余った。
植え継ぎに1箱入るだろうから、全部で9箱になる。
移植本数が1本と少ないところがあったので、苗取りを「標準」にしてもいいようだ。
田んぼの中を歩いた距離が1.5km、疲れた。
今年はジャンボタニシ被害には気を付けよう。

代かき

今日は視点で30℃の予報が出ていたので、朝早く代掻きを終えようとjに家を出た。
昨夕、水口を止めておいたので水量はちょうどいいはずだ、と思って田面をみると、かなり干上がってしまっていた。
一周代を掻いてみたが水が上がらないので、しばらく入水してから掻くことにした。
2時間ほどして半分(長手方向約50mの位置)まで浸ったので掻き始めてみた。
掻きながら浸ったところまで掻くのを繰り返しながら、やっと1反余りを掻き終わった。
順調にいけば1時間ほどのところを、待ち時間を入れて4時間ほどを要した。
代掻きが終わってから前川の川中にトラクターを運び洗車して帰った。
1~2日落ち着かせてから田植えをしよう。

カライモ植え

3週間ぶりの畑。
芋を植える畝を4畝作っておいたが、まだ植えうる苗に育ていなかったのでそのままにしてあった。
3週間経って苗も十分な長さになっていたので蔓を切って挿すことにした。
紅はるかを4畝分250本ほど取れたので挿した。

安納もはまだ十分に蔓が伸びていなくて100本ほどしか切れなかった。
新しく畝を立てて2畝足らずを挿した。
残りはもう少し日にちを置いて蔓が伸びてから、あと2畝ほど植えよう。

サツマイモの畝つくり

そろそろサツマイモの植え付けをする時期になってきた。
例年通り、管理機(ウルトラ・ポチ)で畝を作ろうとしたらご機嫌斜めでうんともすんとも・・・。
エンジンが全くかからない、いや、電気が通じていないようだ。重症である。

P5270038X.jpg

今年は畝数を減らして6畝にしようと思っていたので、初めて人力で畝つくりに挑戦することにした。
水糸を張って鍬で土を上げて両サイドから土を上げるのだが、さすがに重労働だ。
腰は痛いわ、息は切れるわ、ひと畝作るのに40~50分かかる。

P5290058B.jpg

昨年初めてマルチをかけたところ、夏の炎天下の草取りをしなくて済んだほか、芋の太りもよかったので今年もかけることにした。
まだ、苗が育っていないので6月中旬ころから植えることにしよう。

P5290060C.jpg
プロフィール

主宰:薩摩 農

Author:主宰:薩摩 農
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
マイカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク