FC2ブログ

2020年元旦

2020年(令和2年) オリンピック年

DSC01593ny3.jpg


DSC01595ny2.jpg

スポンサーサイト



スズメバチ

庭にスズメバチ?が飛んでいるようだ。
と、思っていたが、ハチの巣がどこかにあるのかは分からないままだった。
夕方、庭木の剪定をしようと脚立を出して庭のマガタマの枝を切ったところ、
右手甲に、それは焼け針で刺したような熱く激しい痛みを感じた。
すぐに蜂に刺されたと判って振り払おうとするが、執拗に手甲から離れないように感じた。
脚立から落ちるように降りてしゃがみこんで、そっと離れて手袋を脱ぎ刺された箇所を近くの水道水で洗った。
手は見る見るうちに腫れ上がりずきずき痛みなかなか鎮まらない。

PA200068h1.jpg

庭木の茂みを目を凝らしてみると、マガタマの隣のツバキのなかにラグビーボールの形をしたスズメバチの巣があるではないか。

PA200069h2.jpg

蜂の大群に襲われなかったからまだよかった。
翌日曜日に近くの当番医に診てもらおう。

ネットで調べてスズメバチ捕獲用のハチトラップをペットボトルで作って巣の近くに4個つるしておいた。

PA240109b2.jpg

名付けて「ハチャトリ庵」(ハチャトリアンは♪剣の舞の作曲者)だ。
たくさん捕獲しておくれ!

PA240108b1.jpg

今年の田んぼ終い

今年もヒノヒカリを作った。
作況はこの地区は平年並みとのことであった。
わが田んぼもそんなところか!?
春の田起こしカから代掻き、田植え、消毒、除草、中干し、そして実りの秋を迎えて稲刈り、脱穀と半年の田作業だったが、掛け干しの棹竹の片付けや藁束の片付けが残っていた。
今日やっと藁を肥料にするため田に撒き、

DSCN6234as.jpg

掛け干し用の棹竹をブルーシートで覆って今年の作業が完了した。

DSCN6236aa.jpg


これからはレンゲが一面に咲き春を迎えるころにはまたそわそわしてくる。

DSCN6231az.jpg

わが田んぼよ、しばらくお休みなさい。

田の草取り

田植え前の代掻きがへたくそで不陸(水平に均されていない)があったので、そこには雑草がかなり生えている。
また、水草も部分的に生えているので雑草取りをした。
稲に似た稗もあちこちに生えているが、穂が出ていないこの時期はなかなか見分けが難しい。

DSCN6092hie.jpg

稗を取った後「田車」を押して雑草や水草を根こそぎ取り浮かび上がらせる。
浮かんだ雑草はそのうちに腐ってしまうそうだからしっかり田車かけなければならない。

DSCN6089kusa.jpg

三日がかりで雑草取りを終えた。

米を搗く

毎月一回自宅の米つき器で夫婦二人分の米を10キロ搗く。
正確に言うと籾10キロを精米するのだ。

DSCN2039b.jpg

籾を精米すると白米の他に籾殻と糠が出る。
10キロの籾から約7キロの白米がとれるが、胚芽に栄養分があるというので余り糠を出さないようにしている。

DSCN2041b.jpg

昔は一人一年に1俵(籾で60キロ)を食べるというから、二人で月に10キロを食するとちょうどいい計算だ。
自家精米の難点は時間がかかったり稲藁が混じることだが、米をすすぐときに浮かんで取り除けるので気にはならない。

DSCN2044b.jpg

田舎では道路沿いのあちこちにコイン精米機があり手軽に精米ができるが構造上摩擦により米の温度が上がり食味が落ちるそうだから、面倒でも一度につく量も少ないので自家精米でよしとしよう。
プロフィール

主宰:薩摩 農

Author:主宰:薩摩 農
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
マイカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク