FC2ブログ

竹薮払い

畑が国道から少し高いところにある。
将来、この畑を宅地にして家を立てる計画でもあったのか、国道のコンクリート擁壁の一部が切土のままになっている。
そこの台形状のところに苦竹が生えて次第に竹勢が出てきて一面竹薮と化してきた。
日当たりが悪くなったり竹に根が畑まで伸びてきて辺りかまわず竹が生えてくる。
このままではそのうちに畑も竹薮化してしまうだろう。
ということで、竹薮をやっつけることにした。
まずはその竹薮の竹を伐ることにした。
鉈と鋸、それに剪定鋏で伐って集めておいた。
伐った竹はそのうち支柱にでもして使うことにする。
誰が植えたわけでもないのにこの土手に南京ハゼが生えている。
根元付近で直径が15cmほど、高さが4~5mある。
近くに同じ種類の木があって秋には実がなるので、鳥がその実を食べて糞にして落としたものが芽を出し根付いたのだろう。
この木は管理者に伐ってもらうことにしよう。
竹藪が片付いてすっきりして見通しがよくなった。
スポンサーサイト

サツマイモの保存

農作物の保存・貯蔵はなかなか難しいものがある。
今時はサツマイモの貯蔵に頭を悩ます。
昔はシラスの崖に横穴を掘った室にいろんな農作物と一緒に保存していた家も多かったが、
最近はとんと見かけなくなった。
ほかに何かいい保存方法がある時代になったのか。
今年も我が家のサツマイモは畑に掘った竪穴に籾殻を入れて保存することにした。
保存する条件は温度と湿度だということのようだ。
その点、地中は温度湿度とも一定していい保存条件だということだ。

DSCN8676ana1.jpg

サツマイモにとって水分、雨水を入れないことが肝要である。
穴の周りにビニールシートを張ってから籾殻をたっぷり入れて、そこにサツマイモを貯蔵した。

DSCN8677ana2.jpg

サツマイモよ、来年の春分の日頃までがんばってほしい。

青竹踏み

「たけしの家庭の医学」で頻尿の改善方法をやっていたので、竹踏み用の踏み竹を作ってみた。
材料は伐って捨てるほどそこらへんにある孟宗竹。
この竹も台風24号により倒れた孟宗竹だ。要するに廃物利用である。
この竹が少しでも健康に寄与すれば御の字だろう。
一節つけて45cmに切ってちょうど二つに割って面取りしてから、油を抜き、紐をつける穴を開けて紐をつければ出来上がり。

DSCN8654tk1.jpg

簡単である。
これで頻尿や高血圧が改善されるならやってみる価値はある。

サツマイモ掘り

今年も紅はるかと安納芋を植えたが、試掘りをしてみた。
芋の付きはまあまあだが、サイズが小さいのが多いようだ。

DSCN8629imo1.jpg

まあ昨年よりもましな方かもしれない。
元肥が効かないのかと思い、春先に牛糞を少し入れたのだが・・・。
蔓ボケ?
それほど蔓は茂っていなかったようだが、年々小ぶりになっている。

DSCN8626imo2.jpg

今年の稲作が終わった!

脱穀作業二日目。
残り1列の稲架の稲穀き作業を昼過ぎから始めた。
今日も快晴で日差しが暑いくらいだ。

DSCN8613koki3.jpg

稲は十分乾燥している。
稲架から稲束をはずしてハーベスターに噛ませる。
ドラムで籾が落とされる音がザーザーと聞こえて籾袋の中に積もっていく。
1袋、2袋、10袋、20袋、今年はもっとある。
脱穀が終わって数えてみると、なんと25袋もあった。
穫れ過ぎだ。
元肥がうまく効いたのかもしれない。

DSCN8621koki4.jpg

とりあえずコンテナに15袋を収めた。残り10袋は早いうちに契約者に届けることにしよう。
新たな販路を開拓しなくては・・・。

ともあれ、田植えをしてから4か月の稲作りが終わった。
田んぼよ、ご苦労さん、そしてありがとう!

DSCN8625koki5.jpg
プロフィール

主宰:薩摩 農

Author:主宰:薩摩 農
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
マイカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク